2016年11月28日

12月のスケジュールのお知らせです。

IMG_8301.JPG

気がつけば師走、12月のスケジュールのお知らせです。
開室日
12/22、23、24、25、26
開室時間
10:00〜17:00

となります。
長かった芸術祭を終え、そのまま独自企画の展覧会を開催しておりましたので、
12月は、少し長期のお休みを頂きます。
ちょっと身体と頭を休めますね。
どうぞよろしくおねがいします。
posted by teshimanomado at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スケジュール

2016年10月31日

11月のスケジュール

檀山の色が少しずつ秋の色に変化してきています。
随分冷えてきましたね、それでもまどの近くでは時々まだ蛙が鳴いています。
11月の予定のお知らせです。

201611.jpg

11月の休室日は1、8、9、15、22、29日となります。  
開室時間は1日から7日までの土曜日以外は10:00〜17:30
            5日(土曜日)は19時まで
10日〜30日は10時〜17時までと閉室時間を30分早め冬時間にします。



IMG_5379.JPG

芸術祭ものこすところあと一週間になりましたが、
展覧会「その島のこと」は11月30日まで開催しております。
11月は島の景色が一番綺麗な季節。のんびりゆっくりお越し下さい。

posted by teshimanomado at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | おしらせ

2016年10月01日

映画「うたうひと」上映会と座談会のおしらせです

utauhito_top1.jpg

「うたうひと」上映会と座談会
2013年/ドキュメンタリー 日本語/カラー/120分
監督:酒井耕・濱口竜介 
制作:silent voice LLP
2016年10月30日(日)
18:30開場/19:00上映開始
会場:てしまのまど 
入場料:500円

『うたうひと』は 酒井耕・濱口竜介監督による『なみのおと』『なみのこえ』に続く東北三部作の第三部。二人は前二作における「百年」先への被災体験の伝承という課題に対して、東北地方伝承の民話語りから示唆を得る。栗原市の佐藤玲子、登米市の伊藤正子、利府市の佐々木健を語り手に、みやぎ民話の会の小野和子を聞き手に迎えて、伝承の民話語りが記録された。語り手と聞き手の間に生まれる民話独特の「語り/聞き」の場は、創造的なカメラワークによって記録されることで、スクリーンに再現される。背景となった人々の暮らしの話とともに語られることで、先祖たちの声がその場に甦る。映画と民話の枠を超えた、新たな伝承映画が誕生した。

************

座談会「民話と映像 メディアのちから」
ゲスト相澤久美さん(silent voice) 聞き手 安岐理加(てしまのまど)
様々な現場で土地に住まう人の営みを他者に伝える活動をされている相澤さん。
建築家でもある彼女は、建てること暮らすことの両面から地域を見つめ、抱えている問題に対する地域住民の活動をサポートする事業をされています。
今回は、彼女が制作に携わった映画「うたうひと」を糸口に日々の暮らしの中にある〈小さなメディアー伝承〉のちからについて彼女のこでまでの活動の中で実感したことを伺ってみたいとおもっています。

* *


相澤久美 Kumi AIZAWA /建築家・編集者・プロデューサー
1969 年東京生まれ。その後日本各地を点々とし高校、大学は米国で過ごす。1997年より設計事務所を共同主催。現在はsilent voiceで映像製作、NPO法人震災リゲインで震災専門の紙媒体を季刊で全国4万部発行。中間支援、調査提案業務など実施。マザーアーキテクチャーではザンビアの助産施設建設支援 など行う。日本 BPW 会員。映画『島の色 静かな声』(西表島)『東北記録映画三部作』(東北三県)、『幸福は日々の中に。』(鹿児島)。環境省「みちのく潮風トレイル調査提案業務」(東北4県)、アートプロジェクト「五斗長ウォーキングミュージアム」(淡路島)など地方の仕事が多い。


*
展覧会「その島のこと」関連イベント
主催 てしまのまど
協力 silent voice
助成 公益財団法人福武財団 公益財団法人 アサヒグループ芸術文化振興財団
特別協賛 アサヒビール株式会社


上映したかった映画がついにまどにやってきます。
お席は20席ぐらいです。
確実にご希望の方は
teshimanomado@gmail.comまでご予約ください。
posted by teshimanomado at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | おしらせ

2016年09月29日

その島のこと関連イベント@iL 工藤冬里×シライセイジ×吉濱翔【自由奏/ジユーソー/重層】

IMG_8164.JPG
その島のこと関連イベント@iL
工藤冬里×シライセイジ×吉濱翔【自由奏/ジユーソー/重層】
20:00オープン21:00スタート
当日のみ1,000円*要別途ドリンクオーダー

これまで、二回開催されたiLの浜吉氏の企画【DUB STUDY】では、出演者とPAの思考錯誤による音の空間を作り上げた。
そんな実験的な場であるiLの懐をおかりしつつ、展覧会関連イベントとして、工藤、吉濱の2人の演奏者とPAで多彩且つ多大な仕事をしている音響エンジニアシライによる競演。
展覧会では、生活環境の音を異なる空間に再配置したシライと、フィールドレコーディングを基に絵画を構成するとともに音源として再構築した吉濱。工藤は、生業とする土を扱った造形を制作。
その3人がiLにて音の空間を造ったり壊したりまた造ったりする(であろう)一夜。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

工藤冬里/陶芸家 音楽家
Learned ceramics & design atBarnet college London.
インディーズで活動する日本の実験音楽不定形ユニット「マヘル」での音楽活動を始め様々な音楽活動をおこなう。本展覧会では豊島の各所で土を採取し造形。

シライセイジ/音響エンジニア
十代後半より音響の仕事を始め、現在はフリーランスで活動。
本展覧会では周囲の環境音を同じ時間軸の中でそれぞれ異なった空間に再配置。
来訪者が耳にするそれぞれの再生音から本来の音に耳を傾ける機会を提供するモノとしての装置を制作。

吉濱翔/美術家
インプロヴィゼーションと社会的なコンテクストをベースとした音楽・美術活動を中心に、演奏会や展覧会の企画も積極的に行う。セッションするように、石川竜一/ ミヤギフトシ/ 木村絵理子/ 渡辺郷/ ルーベン・キーハンと「野生派」、増本泰斗と「bar spiritual fitness」、岡田有美子/ 手塚太加丸と「満月パビリオン」などのコラボレーションワークも多数展開。本展覧会では豊島でフィールドレコーディングした音源を基に絵画とサウンドを制作している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

iL
https://www.facebook.com/NOISEiL/
posted by teshimanomado at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

10月のスケジュールです

IMG_4899.jpg

さて、10月は秋祭りの季節。
稔りの季節です。

2016010.jpg

10月の休室日は3、4、12、18、25
開室時間は10:00〜17:30となります。

てしのまのまどの展覧会も継続して開催中、そして10月は関連イベントが2つあります。
詳しくはまた近日中にお知らせしますね。
posted by teshimanomado at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スケジュール

2016年09月15日

展覧会のプレオープンのおしらせです。

急なお知らせですが、明日となります9月16日(金)展覧会のプレオープンを行います。

その島のこと_表紙.jpg

展覧会「その島のこと」プレオープン
9月16日 12:00〜17:00
鑑賞料は無料

作家さんも次々に豊島入りし、設営も着々と進んでおります。

IMG_5080.JPG

IMG_5084.JPG

IMG_5115.jpg

IMG_4591.JPG

IMG_5110.JPG


作品にまみれたてしまのまど、とても新しい景色です。
どうぞみなさま目撃してください。


尚、飲食の営業はおこないませんのでご注意ください。

posted by teshimanomado at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2016年09月02日

9月のスケジュールです

IMG_4449.JPG

今年の夏は本当に暑かったですね。気がつけば陽も短くなって、九月。
てしまのまどの9月の予定です。

201609.jpg

9月は芸術祭夏会期終了後、てしまのまどの展覧会の準備に入るため6日から16日までお休みします。その後は21日と27日が休室日。

開室時間は10:00〜17:30 
ただし、3(土)4(日)は10:00ー18:30まで延長します。

9月17日より展覧会「その島のこと」が始まります。 
それに伴い、展覧会への入室料が300円となります。
*喫茶にて300円以上ご利用の方は無料です。
posted by teshimanomado at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2016年08月11日

展覧会 「その島のこと」のお知らせです。

danyama.JPG

てしまのまどは、オルタナティブスペースという立場で、造形について暮らしから考えてゆく態度として、活動開始時よりオーラルヒストリーの記録、収集、保存及び共有する試みと、並行してアーティストを招聘し滞在制作の場を開く活動をおこなっています。

これまでに、藤井光、吉濱翔、中西レモン、工藤冬里が滞在し、
それぞれが表現活動の延長線上にこの島をみて歩き制作活動をおこないました。

miz003.JPG

remon.JPG

kudou.JPG

展覧会「その島のこと」は、これまで招聘してきた藤井、吉濱、工藤に加え、企画者であるの安岐理加、豊島とその近隣に住まう浦中ひとみ、宮脇慎太郎、シライセイジの7人が、それぞれに島という環境下で生成されてきた暮らしについて捉え、表現を通して様々な人々との共有を試みます。

miyawaki.JPG

展覧会 group exhibition by Teshimanomado
その島のこと   an Island

藤井光 吉濱翔 工藤冬里 シライセイジ 宮脇慎太郎 浦中ひとみ 安岐理加

2016年9月17日(土)−11月30日(水)火曜日は休室
開室時間 10:00−17:00 
観覧料 300円 (カフェにて300円以上の利用の方は無料)

主催 てしまのまど 
助成 公益財団法人 福武財団 公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団 特別協賛:アサヒビール株式会社

土庄町豊島家浦2458−2 
家浦浜の横尾豊島館から南へ50mくらい、赤い旗が目印です。
お問い合わせ teshimanomado@gmail.com

みなさまどうぞふらりお越し下さい。

☆これまでのてしまのまどの活動について★

2012年 てしまのまどの合宿
http://www.teshimanomado.com/news_1.html
2013年 8月のてしまのまど
http://www.teshimanomado.com/news_20130801.html
てしまのまどアートプロジェクト2013
http://www.teshimanomado.com/project_2013.html
2014年 歩いたり話したりする日
http://teshimanomado.sblo.jp/article/89243493.html
てしまのまどのアートプロジェクト2014「観光ー暮らしの光をみる」
http://www.teshimanomado.com/2014_camp.html
posted by teshimanomado at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2016年07月30日

8月のスケジュールのおしらせです。

IMG_6557.JPG

土用に入りましたね。
夏の土用と云えば、土用の虫干し。
先日は、家浦浜の役員さんたちで秋祭りの太鼓の織物の虫干しと修繕をおこないました。

IMG_4899.jpg

IMG_4892.jpg

家浦の秋祭りは例年10月18日、曜日関わらずずっとこの日です。

さて、てしまのまど、8月のスケジュールのお知らせです。

201608.jpg

休室日は 2、9、17、18、23、30
開室時間は10:00〜17:30
★マークの日は18:30まで開室時間を延長します。

みなさん、暑いので用心してお過ごしくださいね。
posted by teshimanomado at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2016年07月02日

七夕ナイト☆ 

logo.jpg

7月に入って、もうすぐ夏の芸術祭始まるねーとドキドキ感漂う日々ですが、その前に選挙とかありますね。
島で暮らしていると、霞ヶ関はなんだか遠くに感じてしまいますが、なんかしらでこの島の暮らしにもめっちゃ響いていて、やっぱ選挙大事。
大事なんわかるけど、よくわかんない、とか、
選挙の結果の度に、あれ?私ってマイノリティだったの?とか、
他にもそれぞれ感じている疑問、違和感、実感を
七夕の夜に、将来に向けてちょっとみんなで共有してみるのはどうだろう?

ということで
7月7日の夜7時よりよるのまど開けます。
暑気払いも大事なので、スパイスたっぷりのカレーとともに。

申し込み不要、参加費無し カレー、飲み物 他の要オーダー

★ 当イベントは特定の政党を支持する趣旨ではまったくありません。
posted by teshimanomado at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々