2016年09月29日

その島のこと関連イベント@iL 工藤冬里×シライセイジ×吉濱翔【自由奏/ジユーソー/重層】

IMG_8164.JPG
その島のこと関連イベント@iL
工藤冬里×シライセイジ×吉濱翔【自由奏/ジユーソー/重層】
20:00オープン21:00スタート
当日のみ1,000円*要別途ドリンクオーダー

これまで、二回開催されたiLの浜吉氏の企画【DUB STUDY】では、出演者とPAの思考錯誤による音の空間を作り上げた。
そんな実験的な場であるiLの懐をおかりしつつ、展覧会関連イベントとして、工藤、吉濱の2人の演奏者とPAで多彩且つ多大な仕事をしている音響エンジニアシライによる競演。
展覧会では、生活環境の音を異なる空間に再配置したシライと、フィールドレコーディングを基に絵画を構成するとともに音源として再構築した吉濱。工藤は、生業とする土を扱った造形を制作。
その3人がiLにて音の空間を造ったり壊したりまた造ったりする(であろう)一夜。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

工藤冬里/陶芸家 音楽家
Learned ceramics & design atBarnet college London.
インディーズで活動する日本の実験音楽不定形ユニット「マヘル」での音楽活動を始め様々な音楽活動をおこなう。本展覧会では豊島の各所で土を採取し造形。

シライセイジ/音響エンジニア
十代後半より音響の仕事を始め、現在はフリーランスで活動。
本展覧会では周囲の環境音を同じ時間軸の中でそれぞれ異なった空間に再配置。
来訪者が耳にするそれぞれの再生音から本来の音に耳を傾ける機会を提供するモノとしての装置を制作。

吉濱翔/美術家
インプロヴィゼーションと社会的なコンテクストをベースとした音楽・美術活動を中心に、演奏会や展覧会の企画も積極的に行う。セッションするように、石川竜一/ ミヤギフトシ/ 木村絵理子/ 渡辺郷/ ルーベン・キーハンと「野生派」、増本泰斗と「bar spiritual fitness」、岡田有美子/ 手塚太加丸と「満月パビリオン」などのコラボレーションワークも多数展開。本展覧会では豊島でフィールドレコーディングした音源を基に絵画とサウンドを制作している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

iL
https://www.facebook.com/NOISEiL/
posted by teshimanomado at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177074790
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック